TOP > Yahoo!チケット サービス利用規約

Yahoo!チケット サービス利用規約

以下の利用規約をよくお読みのうえ、同意していただくほか、Yahoo! JAPANの定める利用規約にも同意していただく必要があります。

目次

  1. Yahoo!チケットプラス
  2. チケットマッチング

1. Yahoo!チケットプラス

Yahoo!チケットプラスの利用に際しては、Yahoo! JAPAN の定める利用規約に加えて、以下の利用規約(以下「本利用規約」といいます)が適用されます。

Yahoo!チケットプラス会員とは

Yahoo! JAPAN が指定する音楽、演劇、その他イベント等の抽選申込み、先着申込みなどの特別販売や、ライブ、イベント等への無料招待および優待券の販売への参加が可能となる等のエンターテインメントに関する特典(以下、各特典を総称して「Yahoo!チケットプラス会員向けサービス」といいます)が受けられる有料の会員資格です。
会員資格は、お客様ご自身で登録解除手続きをされるまで、または Yahoo! JAPANが利用規約等に従ってお客様の会員資格を停止するまで、有効に継続いたします。会員資格継続中は、以下に定める利用料金をお支払いいただくことになります。
Yahoo!チケットプラス会員向けサービスの詳細な内容はこちらでご覧になれます。なお、Yahoo!チケットプラス会員向けサービスは、変更、停止または中止する場合があります。
また、Yahoo!チケットプラス会員向けサービスの特典の中には、別途パスレボ株式会社の会員登録が必要となるサービスがあります。

利用料金

<Yahoo!プレミアム会員の場合>
Yahoo!プレミアム会員(月額 462 円(税別)が別に発生します。)に登録されている場合、Yahoo!チケットプラスを無料でご利用いただけます。
なお、Yahoo!プレミアム会員については、本利用規約にご同意いただく手続に代えて、実際に Yahoo!チケットプラスをご利用いただくことで、本利用規約にご同意いただいたものとみなします。

<Yahoo!プレミアム会員に未登録の場合>
Yahoo!チケットプラス会員費は月額 350 円(税別)です。
本利用規約にご同意いただき、Yahoo!チケットプラス会員登録手続きが完了すると、ご登録が完了した日の属する月から Yahoo!チケットプラス会員費が課金されますので、操作は慎重に行ってください。お客様の操作ミス等で Yahoo!チケットプラス会員登録がされた場合でも課金の取り消しはできません。
Yahoo!チケットプラス会員費は、月の途中でご登録いただいた場合や、月の途中で Yahoo!チケットプラス会員のご登録を解除された場合でも 1 か月分をお支払いいただきます。月の途中で登録または解除の手続きをされた場合も返金や未利用期間の日割り計算による精算は一切行っておりませんのでご注意ください。なお、同一月内に Yahoo!チケットプラスの会員登録と解除の手続きをされた場合には、1 か月分の Yahoo!チケットプラス会員費をお支払いいただきます。
また、将来、Yahoo! JAPAN が必要と判断した場合には、Yahoo!チケットプラス会員費を変更する場合があります。その場合には事前にお知らせいたします。

支払(請求)時期

Yahoo!チケットプラスの会員費は、毎月 1 日~末日の単位で計算し、翌月に請求を行います。利用料金は、Yahoo!ウォレットにご登録いただいているお支払い方法へ、毎月請求されます。請求日の詳細はこちらをご覧ください。

登録した会員情報の取扱い

Yahoo!チケットプラスにご登録いただいたお客様情報は、Yahoo! JAPANの定めるプライバシーポリシーにしたがって取り扱われます。また、別途パスレボ株式会社の会員登録を行った場合には、パスレボ株式会社の定める プライバシーポリシーも適用されます。

2016年5月25日制定

2018年5月1日改定

2. チケットマッチング利用規約

チケットマッチング利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、Yahoo! JAPAN利用規約の一部です。チケットマッチングのご利用に際しては、利用規約第1編 基本ガイドラインに加えて、本利用規約が適用されます。

第1条 (チケットマッチング)

  1. チケットマッチング(以下「本サービス」といいます)とは、当社が主催者から受託しその協力の下「チケットマッチング」のサービス名称で運営する、販売済み興行チケットを出品者と購入者とが売買する機会を提供するプラットフォームサービスで、電子チケット切替サービス、二次流通サービスおよびチケット代金の決済ができるサービス等をいいます。
  2. 本サービスは、お客様間の電子チケットにかかる契約締結の機会を提供するものにすぎません。お客様間の電子チケットにかかる契約は、取引条件に関する双方の意思が合致したときに成立します。お客様間で電子チケットの販売に関する取引条件をよくご確認いただき、取引を行うかどうかの判断はお客様ご自身で行ってください。
  3. 本サービスの利用を契機としてお客様間で成立した契約については、お客様の責任となります。当社は、当該契約に関して契約当事者としての責任、権利および権限は一切有さず、当該契約について一切の責任を負いません。

第2条 (定義)

本利用規約に使用する語句および用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。

  1. 「電子チケット切替サービス」とは、チケットの真贋判定を行ったうえで、販売済み興行チケットを無効化し、当該販売済み興行チケットに表章されていた対象イベントに参加する権利を電子チケットに変更するサービスをいい、電子チケットの発行および管理を含むサービスをいいます。
  2. 「真贋判定」とは、電子チケット切替サービスの利用申し込みがあったチケットについて、主催者(主催者がヤフーを含む第三者に発行を委託して発行した場合を含みます)により発行された真正なものであるか否かの判定をいいます。
  3. 「二次流通サービス」とは、電子チケットを保有する出品者とその購入者とが、電子チケットを直接売買する機会を提供するプラットフォームサービスをいいます。
  4. 「二次流通」とは、電子チケットを保有する出品者とその購入者とが、電子チケットを直接売買することをいいます。
  5. 「出品者」とは、出品を行うお客様をいいます。
  6. 「出品」とは、二次流通サービスを利用して、電子チケットの売却の申し込みを行うことをいいます。
  7. 「購入者」とは、二次流通サービスにおいて、電子チケットの購入の承諾をするお客様をいいます。
  8. 「対象イベント」とは、本利用規約に基づき電子チケットの二次流通を実施する、当社所定の対象のイベントをいいます。
  9. 「切替申込者」とは、電子チケット切替サービスを利用して、販売済み興行チケットを電子チケットにするための申し込みを行うお客様をいいます。
  10. 「販売済み興行チケット」とは、主催者が発行した(主催者がヤフーを含む第三者に発行を委託して発行した場合を含みます)対象イベントに参加する権利が表章された証券および電子チケットをいいます。なお、証券が発行される予定であって、発行前の状態にある電子チケットを含みます。
  11. 「電子チケット」とは、主催者が発行した(主催者がヤフーを含む第三者に発行を委託して発行した場合を含みます)対象イベントに参加する権利が電子的に記録された電子チケットをいいます。
  12. 「主催者」とは、対象イベントの主催等を行うものをいいます。
  13. 「チケット代金」とは、二次流通サービスにおける電子チケットの売買代金をいいます。なお、システム利用料は含まれません。
  14. 「システム利用料」とは、購入者が当社にお支払いいただく二次流通サービスの利用の対価、ならびに切替申込者および出品者が当社にお支払いいただく電子チケット切替サービスおよび二次流通サービスの対価をいいます。

第3条 (利用資格)

本サービスを利用するには、次の各号に定める場合のそれぞれに応じて、当該各号に定める利用資格を全て満たし、かつ、本サービスの利用期間中、これを継続して維持する必要があります。また、複数のYahoo! JAPAN IDを利用する場合は、Yahoo! JAPAN IDごとに次の各号に定める全ての資格を満たしていることが必要です。

  1. 電子チケット切替サービスの利用および二次流通サービスでの出品に必要な利用資格
    電子チケット切替サービスの利用および二次流通サービスでの出品には、次の条件を全て満たしていることが必要です。
    (ア) 当社が別途指定する年齢以上であること。なお、未成年者が利用または出品を行う場合は、事前に保護者等の法定代理人の同意を得ていること。
    (イ) 消費税の納税義務を負わない方であること
    (ウ) 日本語を理解し、読み書きができること
    (エ) Yahoo! JAPAN IDを取得していること
    (オ) Yahoo!ウォレットに受取口座を登録していること
    (カ) その他、当社所定の利用登録を完了していること
  2. 二次流通サービスでの電子チケットの購入に必要な利用資格
    二次流通サービスでの電子チケットの購入には、次の条件を全て満たしていることが必要です。
    (ア)当社が別途指定する年齢以上であること。なお、未成年者が購入を行う場合は、事前に保護者等の法定代理人の同意を得ていること。
    (イ)消費税の納税義務を負わない方であること
    (ウ)日本語を理解し、読み書きができること
    (エ)Yahoo! JAPAN IDを取得していること
    ただし、当社は、別途指定して、対象イベントごとに、本号の条件を求めないことがあります。
    (オ)当社が別途指定する、主催者の設定する対象イベントの参加資格や販売済み興行チケットの購入条件を満たしていること
    (カ)その他、当社所定の利用登録を完了していること

第4条 (当社の提供するシステム)

  1. 当社は、次の各号に定めるお客様に対して、当該各号に定める機能を有するシステムを提供します。ただし、各機能にはそれぞれ利用可能期間が設定されている場合がありますのでご注意ください。
    1. 切替申込者に提供するシステム
      (ア) 電子チケット切替サービス
    2. 出品者に提供するシステム
      (ア) 電子チケットを出品する機能
      (イ) 電子チケットの購入を管理する機能
      (ウ) 電子チケットの代金を決済する機能
    3. 購入者に提供するシステム
      (ア) 電子チケットの購入を行う機能
      (イ) 電子チケットの代金を決済する機能
      (ウ) 電子チケットを管理する機能
  2. お客様は、次の各号に定めるサービスは、主催者が提供するサービスであることを確認します。
    1. 販売済み興行チケットを切替申込者から回収し、確認するサービス
    2. 販売済み興行チケットおよび電子チケットの払い戻しを行うサービス

第5条 (電子チケット切替サービス)

  1. 当社は、切替申込者に対し、電子チケット切替サービスの利用申し込みがあったチケットについて、主催者(主催者がヤフーを含む第三者に発行を委託して発行した場合を含みます。本条において同じ)により発行された真正なものであるか否かの判定を行います。
  2. 主催者が前項に定めるチケットの紙面を発行していた場合、切替申込者は、主催者に対して、当社が別途指定する方法で当該紙面を引き渡してください。なお、発行済み興行チケットの紙面が発行される予定であって、発行前の状態にある電子チケットについては、お客様は、前項に定める申し込みをもって、当該紙面を発行しないことに同意したものとみなします。
  3. お客様は、前項に定める紙面の回収およびその確認作業が、主催者の提供するサービスであることを確認します。
  4. 当社は、真贋判定の結果、申し込まれたチケットが主催者により発行された真正なものであると判定したとき、当該販売済み興行チケットを無効化させ、切替申込者に対して、当該販売済み興行チケットに権利が表章されていた対象イベントの電子チケットを発行します。
  5. 切替申込者は、販売済み興行チケットが無効化されて電子チケットが発行された後は、電子チケット切替サービスのキャンセルまたは取り消しをすることができません。
  6. 電子チケット切替サービスが提供される期間は、当社が対象イベントごとに別途指定する期間とします。

第6条 (二次流通サービス)

  1. 二次流通サービスにおいて、購入者が、当該サービス上で出品された電子チケットの購入の承諾を行うことにより、出品者と購入者の間で当該電子チケットの売買契約が成立します。
  2. 二次流通サービスで取り扱われるチケットは電子チケットに限定され、その売買価格(税別)は、当社が指定する、主催者(主催者が指定する者を含みます)が販売した販売済み興行チケットの売買価格(税別)とします。
  3. 二次流通サービスにおいてお客様間で電子チケットの売買が可能な期間は、当社が対象イベントごとに別途指定した期間とします。
  4. 二次流通サービスにおいては、電子チケットの出品単位(枚数)ごとに、出品された時期の早い電子チケットから自動的に購入の対象となります。
  5. お客様は、本サービスにおいて掲載される対象イベントの情報が、主催者により指定された内容であることを確認します。
  6. 出品者は、二次流通サービスに出品した場合、第3項に定める期間が終了したときまたはお客様間の売買契約が成立したときのいずれか早い時期までは、出品をキャンセルまたは取り消しすることができます。
  7. 購入者は、二次流通サービスにおいてお客様間の売買契約が成立した後は、電子チケットの購入をキャンセルまたは取り消しすることはできません。

第7条 (利用料金)

  1. 本サービスのご利用にあたり、必要な利用料金は次の各号に定めるとおりです。
    1. 切替申込者および出品者
      利用料金がかかります。
      購入者との売買契約が成立した時点で、システム利用料として、「特定商取引法の表示」に記載の金額を当社にお支払いいただく義務が発生します。切替申込者および出品者は、一度発生したシステム利用料はいかなる場合においても支払いを免れません。
      また、第5条第2項に基づき切替申込者がチケットの紙面を引き渡す際の郵送費用は、切替申込者の負担とします。
    2. 購入者
      システム利用料がかかります。
      出品者との売買契約が成立した時点で、システム利用料として、「特定商取引法の表示」に記載の金額を当社にお支払いいただく義務が発生します。購入者は、一度発生したシステム利用料はいかなる場合においても支払いを免れません。
  2. 購入者は、チケット代金とあわせてシステム利用料を支払うものとします。なお、当社はシステム利用料について領収書等は発行しません。
  3. 切替申込者および出品者は、当社が、切替申込者および出品者に対し、システム利用料を控除したうえでチケット代金を支払うことに同意します。なお、当社はシステム利用料について領収書等は発行しません。

第8条 (お問合せ)

  1. お客様は、本サービスおよび対象イベントに関するお問合せは、主催者に対して行うものとします。
  2. お客様は、前項に定めるお問合せに対する対応が、主催者の提供するサービスであることを確認します。

第9条 (電子チケットの払戻し)

  1. 主催者により対象イベントの開催が中止、延期または内容の変更がされた場合、お客様には、当社が別途指定する方法に従い、主催者または主催者が別途指定する者に対して、電子チケットの払い戻しを請求していただきます。
  2. 主催者により対象イベントの開催が中止、延期または内容の変更がされた場合であっても、当社は、お客様に対して、電子チケットの全部または一部の払い戻しを行う義務を負うものではありません。

第10条 (お客様の順守事項および禁止事項)

  1. お客様は、当社所定のルールを順守してください。
  2. 出品者および購入者は、二次流通サービスの利用を契機として、出品者および購入者の間で売買契約が成立した場合には、取引条件に従い互いに誠実に義務を履行してください。
  3. お客様は、本サービスの利用に当たり、次の各号のいずれかに該当する行為または該当するおそれがある行為を行ってはなりません。
    1. 切替申込者が、電子チケット切替サービスにおいて、主催者(主催者がヤフーを含む第三者に発行を委託した場合における当該第三者を含みます)から自ら購入した販売済み興行チケット以外を申し込む行為
    2. 出品者が、二次流通サービスにおいて、自ら発行を受けたまたは購入した電子チケット以外のチケットを出品する行為
    3. 出品者が、購入者に対して、二次流通サービスで取り扱われる電子チケットについて、当該サービスで定めるチケット代金以外の金銭等を要求する行為
    4. 購入者が、出品者に対して、二次流通サービスで取り扱われる電子チケットについて、当該サービスで定めるチケット代金以外の金銭等の支払いを申し出る行為
    5. ほかのお客様のID(Yahoo! JAPAN IDを含みますが、これに限りません。以下、本条において同じ)を使用して本サービスを利用する行為
    6. 手段のいかんを問わず他人からIDやパスワードを入手したり、他人にIDやパスワードを開示したり提供したりする行為
    7. その他、当社が不適切と判断する行為

第11条 (お客様の情報)

  1. お客様は、次の各号に定めるお客様の情報が、当社および主催者において、それぞれ同時に取得して管理されることに同意したものとします。
    1. お客様が本サービスの利用の際に入力したお客様の情報(個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号)に定める個人情報を含みます。以下本条において同じです)
    2. お客様が第5条第2項に基づき引き渡した販売済み興行チケットに関する情報
  2. お客様は、当社において、販売済み興行チケットに関するお客様の情報を、お客様ご自身に本サービスを提供するために利用することに同意したものとします。
  3. 当社は、本サービスにおいて取得したお客様の情報を、当社の委託者である主催者に提供することがあります。

第12条 (当社の行う措置)

当社は、本利用規約を含む利用規約に定める事項もしくは利用規約の趣旨に違反する行為が行われたと判断した場合、または他のお客様等第三者の権利を侵害したもしくは侵害するおそれがあると判断した場合には、お客様に通知することなく、直ちに本サービスの提供の拒絶、削除等を当社自身の判断により実施する権利を保有するものとします。

第13条 (委託)

当社は、本サービスの全部または一部を第三者に委託することができます。

第14条 (免責事項等)

  1. 当社は、当社による真贋判定ならびに電子チケットの無効化および発行を除く、お客様間の取引には一切関与しません。したがって、出品者および購入者は、当社がお客様間の取引(取引の履行を含みます)に関していかなる責任も負わないことにあらかじめ同意します。また、当社は、購入者が購入した電子チケットの代金の支払能力があるか否かに関しても一切保証しません。
  2. お客様は、当社が、本サービスに掲載された対象イベントに関する情報について、完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行うものではないことをあらかじめ了承するものとします。また、当社は、対象イベントについて、実際の開催の有無、ならびに本サービスに掲載された情報との差異、お客様の期待する水準に達していること、特定の目的に適合していることその他いかなる内容も保証しません。
  3. お客様は、本利用規約に定める主催者の提供するサービスについて、当社がその責任を負わないことにあらかじめ同意します。
  4. 当社は、本サービスからリンクされている各サイトに含まれる情報、サービス等については一切関知せず、また一切責任を負わないものとします。
  5. 当社は、取引の相手方の情報を出品者または購入者に開示する義務を負いません。

第15条 (PassMarket 主催者ガイドラインの適用)

  1. 当社が定める「PassMarket 主催者ガイドライン」の「有料イベント主催者の利用条件」(以下「本件利用条件」といいます)を、次の各号のとおり用語を読み替えたうえで適用するものとします。ただし、本サービスにおいてコンビニエンスストアにおける決済は利用できず、当該決済の実現のために必要な本件利用条件に定める一切の義務を当社は負いません。
    1. 「有料イベント主催者」を出品者とします。
    2. 「チケット代金」を本利用規約第2条第13号に定めるチケット代金とします。
    3. 「有料イベント」を対象イベントとします。
    4. 「参加者」を購入者とします。
    5. 「チケット」を電子チケットとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、本件利用条件における、「5.利用料金の支払方法」、「6.支払の取消または支払済み代金の返還」第1号(ア)から(ウ)にかかる部分および本件利用条件に定める「利用料金」にかかる部分は適用しません。

2017年8月31日制定

2017年12月6日改訂

2018年2月26日改訂